不動産投資会社の評判まとめ 実績データと評判で徹底比較! » 失敗しない不動産投資物件の買い方 » 不動産投資で繰り上げ返済はすべき?

不動産投資で繰り上げ返済はすべき?

公開日: |更新日:

一般的に、不動産投資では金融機関から融資を受けて物件を購入します。そのため、手元に自由になる資金が一定額ある場合には、ローンを早期に返済するために繰り上げ返済を検討するのは大切なことです。

しかし、繰り上げ返済にはメリットとデメリットの両方が存在します。実際、超低金利で金利機関からの融資が受けられる昨今「繰り上げ返済をすべきではない」という意見もあります。基本的には不動産投資のあらゆる場面でそうであるように、繰り上げ返済も戦略的に行う必要があります。

繰り上げ返済とは?

不動産投資物件のローンの繰り上げ返済には、大きく分けて、「返済期間短縮型」と「返済額軽減型」の二つがあります。

返済期間短縮型

月々の返済額が据え置きとなる代わりに、返済期間が短縮されます。返済期間が短くなることで、本来払うはずだった利息が払う必要がなくなります。

返済額軽減型

返済期間が変わらないかわりに、月々の返済額が少なくなります。 返済期間短縮型に比べると利息分を節約する効果は少ないものの、将来的に手元に資金を残して置きやすくなります。

繰り上げ返済のメリット

繰り上げ返済した分の額は、基本的には元金の返済に充てられます。そのため、繰り上げ返済をすることで総支払額が減り、それにともなって最終的に支払う利息も少なくなることは、繰り上げ返済の大きなメリットです。

繰り上げ返済のデメリット

反対に手元の現金が少なくなると、例えば突発的な修繕工事といった不測の事態に対する備えがしにくくなってしまいます。この点が繰り上げ返済のデメリットであるといえます。

繰り上げ返済するかどうかのポイント

繰り上げ返済をしたいなら、万が一の自体に備え、「一定額を手元に残しておきながら」「できるだけ金利の高い物件から繰り上げ返済をする」という点に気を付けるといいでしょう。

今後の収入プランによっては繰り上げ返済に踏み切りやすいタイミングが出てくるので、長期的スパンで考える必要もあり。専門家の意見も取り入れながら慎重に検討したいものです。

関連ページ

新築区分マンションの
入居率99.6%以上の
不動産投資会社3社

せっかく購入したマンションが空室のままになるのは一番避けたいリスク。そこで不動産投資会社の扱う新築区分の入居率を調査。入居率が極めて高いはこの3社でした。
個性的なデザインの物件が多い
ヴェリタスインベストメント
ヴェリタスインベストメントキャプチャ画像
引用元:ヴェリタスインベストメント公式HP https://www.veritas-investment.jp/
新築区分
入居率
100%
長期間の運用をお考えなら
トーシンパートナーズ
トーシンパートナーズキャプチャ画像
引用元:トーシンパートナーズ公式HP https://www.tohshin.co.jp/
新築区分
入居率
99.7%
一括借上契約で安定的な家賃収入を目指す
青山メインランド
青山メインランドキャプチャ画像
引用元:青山メインランド公式HP https://www.aml.co.jp/
新築区分
入居率
99.6%

※2021年3月に不動産投資会社各社の公式サイト上で公表している入居率について調査しました。2021年4月以降にサイト更新がされている場合などは数値が変わっている可能性があります。正確な数値は必ず公式サイトをご確認ください。