不動産投資会社の評判まとめ 実績データと評判で徹底比較! » 失敗しない不動産投資物件の買い方 » 投資用と居住用の違い

投資用と居住用の違い

公開日: |更新日:

投資用として売り出されているマンションがありますが、居住用マンションとの違いはどこにあるのでしょうか。投資用マンションの特徴についてまとめました。

投資用マンションとは?

投資用マンションは居住用マンションと比べて、以下のような特徴を持っています。

入居者のターゲット

投資用のマンションは居住用と違って狭く、入居者のターゲットを単身者に絞っているという特徴があります。単身者は持ち家ではなく賃貸に住む傾向があるため、単身者向けは設備や間取りよりも、出勤や買い物などのために周辺環境やアクセス面が重視されます。

中でも駅から近い場所だと価格が高くなりやすく、その分設備や広さを抑えられています。

ローンの違い

不動産を購入する際はローンを利用するのが一般的ですが、マンション購入用のローンは「不動産投資ローン」と「住宅ローン」の2種類に分けられます。

融資額や金利は不動産投資ローンの方が高い傾向にあり、返済リスクが高くなりがちですが、投資用にマンションを購入した方がより高い物件を購入できます。

価格の違い

投資用のマンションと居住用のマンションでは、異なる基準で価格が決められています。

投資用のマンションは、物件が将来的に生み出す収益価値を計算する「収益還元法」で算出されます。一方で居住用のマンションは、類似物件の相場と比較する「取引事例非核法」によって算出されています。

居住用として売り出されているマンションも、年間の家賃収入を考慮して計算すれば、居住用として売り出すよりも高い価格が」付くケースがあるのです。

投資用マンションの種類

投信用マンションには以下2つの種類があります。

区分マンション

区分マンションとは、一室のみで購入できる投資用マンションのことです。少額で投資が始められる他、管理コストが少ないのがメリットですが、収益性が低く、空き室の際には家賃収入が0になるというリスクも負っています。

一棟マンション

一棟マンションは区分マンションの逆で、マンション全室を購入する投資方法のことです。収益性が高く運営の自由度が高いのが特徴ですが、多額の自己資金が必要な点や、管理コストが高い点がデメリットになります。

投資用マンションに自分で住むことはできる?

投資用マンションが空き室になったら自分で住めば…という考えに至る人もいます。事実として、自分で購入した投資用マンションに自分で住むことは可能です。

ただし住宅用より不動産投資用ローンの方が金利が高いため、高い金利を払いながら自分で住むことにメリットはありません。

また、投資用マンションに自分で住むと家賃収入が0になり、減価償却費の計上ができなくなるため節税もしづらくなります。

投資用マンションに自分で住むことは可能ですが、デメリットが圧倒的に多いと覚えておきましょう。

関連ページ

新築区分マンションの
入居率99.6%以上の
不動産投資会社3社

せっかく購入したマンションが空室のままになるのは一番避けたいリスク。そこで不動産投資会社の扱う新築区分の入居率を調査。入居率が極めて高いはこの3社でした。
個性的なデザインの物件が多い
ヴェリタスインベストメント
ヴェリタスインベストメントキャプチャ画像
引用元:ヴェリタスインベストメント公式HP https://www.veritas-investment.jp/
新築区分
入居率
100%
長期間の運用をお考えなら
トーシンパートナーズ
トーシンパートナーズキャプチャ画像
引用元:トーシンパートナーズ公式HP https://www.tohshin.co.jp/
新築区分
入居率
99.7%
一括借上契約で安定的な家賃収入を目指す
青山メインランド
青山メインランドキャプチャ画像
引用元:青山メインランド公式HP https://www.aml.co.jp/
新築区分
入居率
99.6%

※2021年3月に不動産投資会社各社の公式サイト上で公表している入居率について調査しました。2021年4月以降にサイト更新がされている場合などは数値が変わっている可能性があります。正確な数値は必ず公式サイトをご確認ください。