不動産投資会社の評判まとめ 実績データと評判で徹底比較! » 失敗しない不動産投資物件の買い方 » 築浅物件の不動産投資

築浅物件の不動産投資

公開日: |更新日:

不動産投資の物件選びでは、築年数も重要な検討箇所になります。「築浅マンション」は、区分としては中古マンションですが、新築より安価にも関わらず新築に近い価値を持った物件です。

築浅マンションを購入するメリットと購入時の注意点を解説し、築浅マンションの仲介に強い不動産投資会社も紹介します。

築浅マンションの定義とは?

築浅マンションのイメージ

「築浅マンション」として認められる物件の明確な定義は存在していませんが、およそ築3~5年程度、古くても築10年程度までの物件が「築浅」として扱われることが多いようです。

築浅マンションに投資するメリット

築浅マンションで不動産投資を行うメリットは以下の通りです。

新築よりも安く購入できる

築浅物件は比較的新しい不動産物件でありながら、「中古物件」として扱われます。新築と大きな遜色がない設備を持ちながら、新築物件より安い金額で購入できるため、不動産投資の利益にも大きく影響するでしょう。

入居者からのニーズが高い

入居者からは当然「できるだけキレイで、できるだけ安い物件」が好まれるので、築浅は物件として綺麗で清潔と条件が良いことから、入居ニーズが高まります。入居されないことには、不動産投資で利益をあげることはできないので、入居者にとって魅力があるかどうかは非常に重要です。

修繕費用が抑えられる

築年数が経過した中古物件だと、入居者をつけるためにリフォームや修繕が必要になるケースがあります。もちろんその金額も決して安い訳ではなく、中古物件を買ったものの、リフォーム費用で初期投資が大きく膨らむというのもよくある話です。

その点、築浅物件はほぼ手をつけずに入居者を集められる物件が多くなります。また、比較的新しい設備を使っているので、経年による内部設備の不具合が発生するリスクも抑えられます。

売却しやすい

不動産投資、特に区分マンション投資で重要なのは売却まで考えることです。投資用物件を売りたいと感じたときにすぐに売れる、もしくは納得のいく価格で売れることが前提でないと、最終的な利益はマイナスになってしまいます。

当然ですが、築数十年の中古物件は資産価値も下がり、売却のハードルが高くなります。築浅物件は、売却戦略を立てる際にも、一定の価値を持った状態での売却が可能になります。

築浅マンションに投資する時の注意点

投資対象としてメリットの多い築浅マンションですが、決してどの物件でもいいという訳ではありません。物件選びの際は、以下の点に注意してください。

利回りだけで判断しない

築浅物件の利回りは、新築より少し高いくらいで、築古物件に比べるとほとんどは低くなります。パッと見は、利回りが高い築古物件の方が魅力的に見えることもあります。

ただし、入居者のニーズは高く修繕費用を抑えることができるので、どちらかと言えば中長期的に着実な利益を上げる投資スタイルになります。目先の利回り率だけでなく、物件の価値をしっかり見極める必要があります。

売れ残った物件の可能性もある

築浅物件として売られている中古物件の中には、新築で売れなかった過去を持っている可能性や、前の所有者が利益が出ないからと手放した物件である可能性も考えられます。

「築浅だから」とすぐに飛びつかず、立地や広さ、設備などの条件をよく調べてから購入を検討しましょう。

関連ページ

新築区分マンションの
入居率99.6%以上の
不動産投資会社3社

せっかく購入したマンションが空室のままになるのは一番避けたいリスク。そこで不動産投資会社の扱う新築区分の入居率を調査。入居率が極めて高いはこの3社でした。
個性的なデザインの物件が多い
ヴェリタスインベストメント
ヴェリタスインベストメントキャプチャ画像
引用元:ヴェリタスインベストメント公式HP https://www.veritas-investment.jp/
新築区分
入居率
100%
長期間の運用をお考えなら
トーシンパートナーズ
トーシンパートナーズキャプチャ画像
引用元:トーシンパートナーズ公式HP https://www.tohshin.co.jp/
新築区分
入居率
99.7%
一括借上契約で安定的な家賃収入を目指す
青山メインランド
青山メインランドキャプチャ画像
引用元:青山メインランド公式HP https://www.aml.co.jp/
新築区分
入居率
99.6%

※2021年3月に不動産投資会社各社の公式サイト上で公表している入居率について調査しました。2021年4月以降にサイト更新がされている場合などは数値が変わっている可能性があります。正確な数値は必ず公式サイトをご確認ください。