不動産投資会社の評判まとめ 実績データと評判で徹底比較! » 失敗しない不動産投資物件の買い方 » 不動産投資における節税とは

不動産投資における節税とは

公開日: |更新日:

不動産投資による節税に成功するためには、あらかじめ留意しておきたい幾つかの条件があります。このページでは、そうした条件のそれぞれについて、詳しく解説してきます。

不動産投資で節税できるってホント?

不動産投資をすることで節税できる税金としては、

の4つがあります。

まず、相続税と贈与税について見てみましょう。不動産投資によって相続税と贈与税を節税できるるのは、「不動産は現金よりも評価額が低いから」です。目安としては、以下のようになります。

例えば、5000万円を、それぞれ現金および5000万円相当の不動産で相続・贈与するとしましょう。現金で相続・贈与する場合、5000万円がそのまま課税対象となります。

他方で、2000万円相当の土地と3000万円相当と建物で贈与する場合、課税額は、以下のようになります。

合計が3400万円となり、1400万円分の節税効果があることになります。

次に、住民税と所得税について見てみましょう。不動産投資によって相続税と贈与税を節税が出来るのは、不動産による収入よりも経費(ローン金利、固定資産税、減価償却費など)による支出が多い場合に、「確定申告時に赤字部分が所得税・住民税の課税額から控除されるため」です。例えば、年収700万円のサラリーマンが、年間家賃収入が100万円で経費200万円の不動産投資をしたとします。この場合、所得税・住民税の課税額は以下です。

600万円となり、100万円の節税効果があることになります。

節税効果が見込める人・見込めない人

以上をまとめると、不動産投資によって節税することが出来るのは、以下に該当する人です。

「年間の給与所得が900万円を超える人」というのは、年間の給与所得が900万円を境に、所得税率が33%になるからです。

反対に、以下に該当する人は、不動産投資による節税効果の恩恵を得られる可能性が少ないと言えます。

関連ページ

新築区分マンションの
入居率99.6%以上の
不動産投資会社3社

せっかく購入したマンションが空室のままになるのは一番避けたいリスク。そこで不動産投資会社の扱う新築区分の入居率を調査。入居率が極めて高いはこの3社でした。
個性的なデザインの物件が多い
ヴェリタスインベストメント
ヴェリタスインベストメントキャプチャ画像
引用元:ヴェリタスインベストメント公式HP https://www.veritas-investment.jp/
新築区分
入居率
100%
長期間の運用をお考えなら
トーシンパートナーズ
トーシンパートナーズキャプチャ画像
引用元:トーシンパートナーズ公式HP https://www.tohshin.co.jp/
新築区分
入居率
99.7%
一括借上契約で安定的な家賃収入を目指す
青山メインランド
青山メインランドキャプチャ画像
引用元:青山メインランド公式HP https://www.aml.co.jp/
新築区分
入居率
99.6%

※2021年3月に不動産投資会社各社の公式サイト上で公表している入居率について調査しました。2021年4月以降にサイト更新がされている場合などは数値が変わっている可能性があります。正確な数値は必ず公式サイトをご確認ください。