不動産投資会社の評判まとめ 実績データと評判で徹底比較! » 注目の不動産投資会社一覧 クチコミ・評判・評価などのまとめ » FJネクスト

FJネクスト

公開日: |更新日:

不動産投資会社 FJネクスト(エフ・ジェー・ネクスト)の基本情報

※以下の基本情報は2021年3月19日時点の各社公式サイトからの情報です。

FJネクストの3つの特徴

※以下の実績等の情報は2021年3月19日時点の公式サイトの情報をまとめたものです。

資産運用型マンション主力の東証一部上場会社

FJネクストは不動産開発事業、不動産管理事業、建設事業、旅館事業を柱とした展開で2013年に東証一部上場した不動産会社です。不動産開発の中で資産運用商品として主力となっているのが資産運用型マンション事業です。

FJコミュニティやレジテックコーポレーション、FJリゾートマネジメントなどグループ会社と連携し、これまでのマンション供給実績は20,000戸以上。単身者の生活を支えるインフラとしての役割も担います。

グループ会社がマンション管理業務を受託

資産運用型マンションの賃貸管理を行うのはグループ会社のFJコミュニティです。15,000戸以上の管理実績があり、賃貸管理に関わるすべての業務に関してマンションオーナーと賃貸管理委託契約(業務代行)を結びます。

入居者募集から賃貸借契約や更新の手続き、家賃の集金、入居者からの問い合わせ対応、退去時精算や立ち会いまで受託。建物設備の保守点検や長期修繕計画の提案、工事の管理まで任せることができるので安心です。

賃料を保証するサブリースシステムに対応

FJネクストグループではマンションオーナーの資金管理をサポートするサービスとして家主代行システムとサブリースシステムを用意しています。FJコミュニティが管理しますがFJネクストで購入物件のみが対象となります。

家主代行システムは賃貸管理全般を受託しますが業務を代行するのみで空室時の賃料は保証されません。サブリースシステムはFJネクストが一括借上して転貸する仕組みのため査定賃料の95%が毎月オーナーに支払われます。(参照元:FJコミュニティ https://www.fjcommunity.com/for-owner/sublease.html

FJネクストの物件の特徴

都心エリアを中心にガーラシリーズを展開

FJネクストでは資産運用型マンションの自社ブランドとしてガーラマンションシリーズを展開しています。ガーラ(GALA)とはスペイン語で「お祭り」「特別な催し」の意味があり、マンションによる楽しい住生活の提供を目指します。

展開するエリアは都心を中心に東京23区や、需要が見込める横浜市、川崎市の一部が対象となっています。2007年には利便性のよい環境で、より高性能でデザイン意匠にもこだわったガーラ・レジデンスシリーズも加わっています。

デザイン性が高く暮らしやすい設備・仕様

ガーラマンションシリーズの特徴はデザイン性が高く重厚感があるエントランスや、安全性や快適性を考えた設備・仕様です。また立地にもこだわり最寄り駅からも徒歩数分圏内となっているため利便性も高くなっています。

追い焚き機能付オートバスや24時間換気システム、床暖房システム、人感センサーライトなどの最新設備とオンライン監視システム、カメラ付きオートロックなどセキュリティ面も万全なので入居者が安心して暮らせます。

不動産投資会社 FJネクスト(エフ・ジェー・ネクスト)のクチコミ評判情報

※以下のクチコミ評判情報は2021年3月19日時点のものです。

不動産投資のミカタ上の「FJネクスト」のクチコミ評判

GoogleMAP上の「FJネクスト」のクチコミ評判

該当情報は見つかりませんでした。

関連ページ

新築区分マンションの
入居率99.6%以上の
不動産投資会社3社

せっかく購入したマンションが空室のままになるのは一番避けたいリスク。そこで不動産投資会社の扱う新築区分の入居率を調査。入居率が極めて高いはこの3社でした。
個性的なデザインの物件が多い
ヴェリタスインベストメント
ヴェリタスインベストメントキャプチャ画像
引用元:ヴェリタスインベストメント公式HP https://www.veritas-investment.jp/
新築区分
入居率
100%
長期間の運用をお考えなら
トーシンパートナーズ
トーシンパートナーズキャプチャ画像
引用元:トーシンパートナーズ公式HP https://www.tohshin.co.jp/
新築区分
入居率
99.7%
一括借上契約で安定的な家賃収入を目指す
青山メインランド
青山メインランドキャプチャ画像
引用元:青山メインランド公式HP https://www.aml.co.jp/
新築区分
入居率
99.6%

※2021年3月に不動産投資会社各社の公式サイト上で公表している入居率について調査しました。2021年4月以降にサイト更新がされている場合などは数値が変わっている可能性があります。正確な数値は必ず公式サイトをご確認ください。