不動産投資会社の評判まとめ 実績データと評判で徹底比較! » 注目の不動産投資会社一覧 クチコミ・評判・評価などのまとめ » 和不動産

和不動産

公開日: |更新日:

不動産投資会社 和不動産の基本情報

※以下の基本情報は2021年3月19日時点の各社公式サイトからの情報です。

和不動産の3つの特徴

アフターフォローに力を入れサポートが充実

和不動産は不動産投資のコンサルティング会社ですが、特に力を入れているのはアフターフォロー。物件を引き渡して終了ではなく、購入後の資産管理や運用についてきめ細やかにサポートする体制を構築しています。

月1回の電話と3ヶ月に1回の訪問、迅速対応のため自社が売主で賃貸管理にも対応、勉強会・イベント開催、弁護士・税理士など提携専門家を特別価格で紹介、保険見直しなどライフプラン相談など盛り沢山です。

頭金なしで融資が受けられる中古マンション

中古ワンルームマンション投資でも低金利の融資が利用できるのが和不動産の強みです。中古物件は融資が通らないケースもありますが和不動産が売主になり、銀行が融資しても問題ないと判断した物件のみが紹介されます。

また購入後の賃貸管理やアフターフォローも和不動産が行うことで、金融機関の貸し倒れリスクを軽減。その結果、頭金なしで購入できるケースもあり、その他の提携金融機関でも有利な条件で融資を受けることができます。

オーナーの運用を可視化するシステムを開発

これまで不動産投資の成功も失敗も経験してきた和不動産では、スピーディーかつ適切にオーナサポートを行うためN-RICOS(エヌ・リコス)というオーナー向けシステムを開発し、運用コンサルティングを行っています。

このシステムはオーナーの投資不動産の運用を記録しデータベース化。数字やグラフで可視化することで説得力のあるアドバイスが可能になります。先輩オーナーの運用実績をモデルケースとして自らの進むべき方向を判断することができます。

和不動産の物件の特徴

収益性の高い築10年以内のマンションに特化

和不動産が取扱う物件は主に中古のワンルームマンションですが、築10年以内のデザイナーマンションに特化しています。それは新築時の60%~80%の価格で提供でき、入居需要があるので、投資物件として収益性が高いからです。

中古マンション市場は仲介して終了ですが、和不動産は仲介ではなく売主として販売します。そのため物件は非公開とし、競売物件や任意売却物件などインターネットで情報が公開される前の物件を紹介しています。

中古物件でも売主として賃貸管理までサポート

中古マンションを購入して投資物件として運用する場合は、仲介会社がそのまま物件の管理までサポートするケースはあまり多くありません。和不動産の場合は売主であり賃貸管理業務までしっかりサポートしています。

入居者募集から賃貸借契約、賃料収納、更新・解約業務などはもちろん、建物内共用部分の日常清掃や大規模修繕の手配までサポート。中古物件はメンテナンスに手間がかかることがありますが、管理まで相談できるので安心です。

不動産投資会社 和不動産のクチコミ評判情報

※以下のクチコミ評判情報は2021年3月19日時点のものです。

不動産投資のミカタ上の「和不動産」のクチコミ評判

GoogleMAP上の「和不動産」のクチコミ評判

関連ページ

新築区分マンションの
入居率99.6%以上の
不動産投資会社3社

せっかく購入したマンションが空室のままになるのは一番避けたいリスク。そこで不動産投資会社の扱う新築区分の入居率を調査。入居率が極めて高いはこの3社でした。
個性的なデザインの物件が多い
ヴェリタスインベストメント
ヴェリタスインベストメントキャプチャ画像
引用元:ヴェリタスインベストメント公式HP https://www.veritas-investment.jp/
新築区分
入居率
100%
長期間の運用をお考えなら
トーシンパートナーズ
トーシンパートナーズキャプチャ画像
引用元:トーシンパートナーズ公式HP https://www.tohshin.co.jp/
新築区分
入居率
99.7%
一括借上契約で安定的な家賃収入を目指す
青山メインランド
青山メインランドキャプチャ画像
引用元:青山メインランド公式HP https://www.aml.co.jp/
新築区分
入居率
99.6%

※2021年3月に不動産投資会社各社の公式サイト上で公表している入居率について調査しました。2021年4月以降にサイト更新がされている場合などは数値が変わっている可能性があります。正確な数値は必ず公式サイトをご確認ください。