不動産投資会社の評判まとめ 実績データと評判で徹底比較! » 注目の不動産投資会社一覧 クチコミ・評判・評価などのまとめ » 野村不動産ソリューションズ株式会社
(旧:野村不動産アーバンネット)

野村不動産ソリューションズ株式会社
(旧:野村不動産アーバンネット)

公開日: |更新日:

不動産投資会社 野村不動産ソリューションズ株式会社(旧:野村不動産アーバンネット)の基本情報

※以下の基本情報は2021年3月19日時点の各社公式サイトからの情報です。

野村不動産ソリューションズ株式会社(旧:野村不動産アーバンネット)の3つの特徴

不動産流通を中心に膨大な情報量が強み

野村不動産ソリューションズ株式会社(旧:野村不動産アーバンネット)はマンション・一戸建ての売買サポートや不動産投資、不動産の有効活用など個人の住宅流通事業を中心として、企業・事業向けの投資用・事業用不動産流通事業、新築受託販売事業などを展開しています。

取引実績が豊富でコンサルティング力もありますが、不動産仲介が基本で自社ブランドの新築マンションシリーズを開発・提供はしていません。販売・流通に特化しているため、その膨大な情報量を強みとしています。

不動産投資・収益物件の専門サイトを運営

投資用不動産に関してはノムコム・プロ(nomu.com/pro)という専門サイトを運営しています。区分マンションはもちろん、一棟マンション、アパート、ビル、投資用戸建て、ホテル・旅館など数多くの投資物件の情報が掲載されています。

収益物件の種別やエリア、価格帯、利回りなど条件を指定して絞り込みが可能で、“区分マンション”で検索すると1508件(2021年3月21日時点)ヒット。会員登録をして検討中リストに保存すれば気になる物件データを蓄積できます。

さまざまなテーマの不動産セミナーを開催

野村不動産ソリューションズ株式会社(旧:野村不動産アーバンネット)では不動産仲介会社として一般住宅の売買から不動産投資、税務、相続などさまざまなテーマで不動産セミナー・個別相談会を開催しています。営業を全面に出したものばかりではありません。

「料理が大好きになるキッチン整理収納セミナー」「プロがすすめる自分でできるインテリアで快適テレワーク」など親しみやすくタイムリーなテーマもあるので不動産にあまり興味がない人でも楽しめる内容になっています。

野村不動産ソリューションズ株式会社(旧:野村不動産アーバンネット)の物件の特徴

所有する投資用不動産の査定と売却サポート

野村不動産ソリューションズ株式会社(旧:野村不動産アーバンネット)は不動産売買の仲介を主体としているため、所有している投資用物件の査定を依頼することができます。投資不動産専門の担当者が周辺相場や平均利回りなどを考慮して適正価格を算出します。

こうして集まった投資用不動産の情報が「ノムコム・プロ」の物件情報に掲載され、新たな不動産投資家に購入、流通していく仕組みです。また投資用不動産の組み換えや、資産家や投資家への直接紹介なども行っています。

横断的な投資用不動産の情報収集に活用できる

「ノムコム・プロ」ではさまざまな投資用マンションの仲介を行っているため、マンションブランド名で絞り込んで物件を探すことができます。そのため気に入ったシリーズの物件をまとめて管理できます。

例えば野村不動産のプラウドと、大京のライオンズマンションを検討中リストに入れて比較検討といったことも可能。マンション相場情報なども掲載されているため情報収集の基点としてこのサイトを活用することができます。

投資対象として注目される海外の不動産も紹介

投資用不動産の専門サイトとして「ノムコム・プロ」では海外の不動産の紹介も行っています。野村不動産が開発に参画しているフィリピン・マニラのタワー型複合コンドミニアムや、タイ・バンコクにある高層タワーマンションなどです。

海外のコンドミニアムは投資物件としても注目されていますが、言語の壁や情報が集まらないといったことがネックです。不動産投資の対象を海外に向けている人にとってはこうした海外の不動産物件情報は非常に役立ちます。

不動産投資会社 野村不動産ソリューションズ株式会社(旧:野村不動産アーバンネット)のクチコミ評判情報

※以下のクチコミ評判情報は2021年3月19日時点のものです。

不動産投資のミカタ上の「野村不動産ソリューションズ株式会社(旧:野村不動産アーバンネット)」のクチコミ評判

該当する口コミは見つかりませんでした。

GoogleMAP上の「野村不動産ソリューションズ株式会社(旧:野村不動産アーバンネット)」のクチコミ評判

該当する口コミは見つかりませんでした。

関連ページ

新築区分マンションの
入居率99.6%以上の
不動産投資会社3社

せっかく購入したマンションが空室のままになるのは一番避けたいリスク。そこで不動産投資会社の扱う新築区分の入居率を調査。入居率が極めて高いはこの3社でした。
個性的なデザインの物件が多い
ヴェリタスインベストメント
ヴェリタスインベストメントキャプチャ画像
引用元:ヴェリタスインベストメント公式HP https://www.veritas-investment.jp/
新築区分
入居率
100%
長期間の運用をお考えなら
トーシンパートナーズ
トーシンパートナーズキャプチャ画像
引用元:トーシンパートナーズ公式HP https://www.tohshin.co.jp/
新築区分
入居率
99.7%
一括借上契約で安定的な家賃収入を目指す
青山メインランド
青山メインランドキャプチャ画像
引用元:青山メインランド公式HP https://www.aml.co.jp/
新築区分
入居率
99.6%

※2021年3月に不動産投資会社各社の公式サイト上で公表している入居率について調査しました。2021年4月以降にサイト更新がされている場合などは数値が変わっている可能性があります。正確な数値は必ず公式サイトをご確認ください。