不動産投資会社の評判まとめ 実績データと評判で徹底比較! » 注目の不動産投資会社一覧 クチコミ・評判・評価などのまとめ » 株式会社エボルゾーン(旧社名:株式会社プレミアムバリューバンク)

株式会社エボルゾーン(旧社名:株式会社プレミアムバリューバンク)

公開日: |更新日:

不動産投資会社 株式会社エボルゾーンの基本情報

※以下の基本情報は2021年3月19日時点の各社公式サイトからの情報です。

株式会社エボルゾーンの3つの特徴

不動産投資をベースとした新事業展開に積極的

エボルゾーンは不動産投資・保有事業をベースとした先進技術を取り入れた事業を積極的に行っています。不動産開発や賃貸・管理はもちろん、リノベーションを含めた収益不動産再生事業や不動産小口化事業など幅広く展開しています。

キャピタル重視型、インカム重視型の不動産投資ファンドを組んだり、新しい試みとしてはクラウドファンディングを利用した少額・短期の不動産投資商品(ASSECLI)の運用も行っており、さまざまな投資家ニーズに応えています。

自社開発やリノベーションで新たな価値を創造

不動産デベロッパーとしてエボルゾーンでは投資物件の自社開発を行うだけでなく、マンションからオフィス物件まで収益不動産への投資・運用なども行っています。またリノベーションで新たな価値を生み出すことも手掛けています。

このように投資物件に関しては新築も中古も両方の取扱いがありますが、単に不動産売買や仲介を行うだけでなく、不動産投資商品として運用するという考え方を基本とするため、少額からでも不動産投資を始めたい人に向いています。

多様なニーズに対応する充実の賃貸・管理事業

エボルゾーンは所有不動産の資産管理を目的とした賃貸・管理事業も行っています。入居者募集から賃貸借契約手続き、月額賃料等の送金、賃料、敷金の精算事務代行、物件の点検や原状回復工事まで賃貸管理全般をカバーします。

入居者向けの24時間駆けつけサービスや内覧用に設置したモデル家具を新規の契約入居者に渡すなど付帯サービスも用意。また10社以上の保証会社と提携しているため生活保護者や外国籍など多様な入居者受け入れが可能です。

株式会社エボルゾーンの物件の特徴

資産価値の継続に重点を置く各物件シリーズ

エボルゾーンが提供する物件は運用形態によりシリーズ名が異なります。自社新築は“Premium Value”土地の仕入れから企画まで一貫して行い、自社保有して投資・運用を行う“EVOL”、リノベーション物件は“Premium Space”です。

どの物件タイプにも共通して言えるのは、オシャレでスタイリッシュな外観と落ち着きのある雰囲気を持っていることです。入居者の快適性と投資物件として資産価値が長く継続できることに重点が置かれています。

不動産投資会社 株式会社エボルゾーン(旧社名:株式会社プレミアムバリューバンク)のクチコミ評判情報

※以下のクチコミ評判情報は2021年3月19日時点のものです。

不動産投資のミカタ上の「株式会社エボルゾーン」のクチコミ評判

GoogleMAP上の「株式会社エボルゾーン」のクチコミ評判

該当する口コミは見つかりませんでした。

関連ページ

新築区分マンションの
入居率99.6%以上の
不動産投資会社3社

せっかく購入したマンションが空室のままになるのは一番避けたいリスク。そこで不動産投資会社の扱う新築区分の入居率を調査。入居率が極めて高いはこの3社でした。
個性的なデザインの物件が多い
ヴェリタスインベストメント
ヴェリタスインベストメントキャプチャ画像
引用元:ヴェリタスインベストメント公式HP https://www.veritas-investment.jp/
新築区分
入居率
100%
長期間の運用をお考えなら
トーシンパートナーズ
トーシンパートナーズキャプチャ画像
引用元:トーシンパートナーズ公式HP https://www.tohshin.co.jp/
新築区分
入居率
99.7%
一括借上契約で安定的な家賃収入を目指す
青山メインランド
青山メインランドキャプチャ画像
引用元:青山メインランド公式HP https://www.aml.co.jp/
新築区分
入居率
99.6%

※2021年3月に不動産投資会社各社の公式サイト上で公表している入居率について調査しました。2021年4月以降にサイト更新がされている場合などは数値が変わっている可能性があります。正確な数値は必ず公式サイトをご確認ください。